FC2ブログ

第84回(平成29年2月12日) シベリア強制抑留の悲劇②

昭和20(1945)年8月 日本はポツダム宣言が条件付き降伏要求であることを受け 終戦を決意しました。第2次世界大戦末期には、アメリカが東京大空襲をはじめとする日本や、ドイツの多数の都市への無差別爆撃を行い 広島、長崎には原爆を投下し民間人を無差別に殺しました。
 情報の不足から対日参戦を密かに決めていたソ連に 日本は連合国との講和の仲介を求めていましたが、ソ連は日ソ中立条約を破って満州に侵入し日本民間人に略奪・暴行・殺害を繰り返し、約60万の日本人をシベリヤに連行して過酷な労働に従事させ、およそ1割を死亡させたのです。

今回は 昨年お越し頂いた、シベリヤに強制抑留され奇跡的に生還された「荒木正則氏/92歳」にお願いして シベリヤでの遺骨収集の体験などを戦後一貫して行動され、130名の遺骨収拾団を代表して受賞された経緯をお話し頂きます。
荒木先生は92歳ながらフェイスブックをやり、映像でご自分の活動を残しながら啓発、啓蒙に励んでおられ、その意味でも高齢化の現代のヒーローではないかと思います。

自主製作のDVDプロジェクターを使い解りやすく説明して頂き、戦後の日本人への思いをお聞きしましょう。世界は弱肉強食のまま 自国の利益をかけてこの1世紀を経てきていることも知らなくてはならないでしょう。

歴史は人類の遺産です。講座は大好評です。お友達を誘ってどうぞお気軽にご参加ください。

■日時: 平成29年2月12日(日) 14:00~16:00
■場所: 茨木市福祉文化会館 202号室 (大阪府茨木市駅前4-7-50) ☎072‐623-3962
      阪急茨木市駅またはJR茨木駅より徒歩約8分
■講師: 荒木 正則氏 (全国強制抑留者協会/シベリヤ強制抑留体験者)
■費用: 資料代として500円カンパをお願いしています。
主催:学ぼう会 北摂
後援:茨木市教育委員会
<問い合わせ先>
吉田 090―8579ー0056 (riko7beikokutenn@ezweb.ne.jp)
河村 090―2109―1535 (homiko-k70@docomo.ne.jp)
スポンサーサイト



学ぼう会北摂 主催者のご紹介

taketsuru

Author:taketsuru
学ぼう会北摂主催者の河村さんです。歴史講座を始めて既に10年目!とてもパワフルな方です。

本ブログの主旨
「学ぼう会北摂」は、日本の文化伝統に根ざす正しい歴史を、主として大阪北部にお住まいの皆様に伝えていくことを目的として、ほぼ月1回のペースで講演活動を行っています。本ブログは「学ぼう会北摂」の応援サイトで、今後の講演活動をできるだけタイムリーに紹介していきます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR