FC2ブログ

【番外編】 安倍首相もハマった、マスコミが疑惑だけで罪人を作る3つの方法

興味深い記事を見つけました。

安倍首相もハマった、マスコミが疑惑だけで罪人を作る3つの方法 (diamond)

マスコミが、疑惑だけで罪人をつくる3つの方法、題して「殺人フルコース」。

やや長いので、要点をまとめますと

●<テクニック1>「争点」を変えていくことで「消耗戦」に持ち込む
まず疑惑をいくつか打ち出す。これらの疑惑が、証拠とは言い難いビミョーな結末を迎えると、「新事実発見」と銘打ち、次々と新たな疑惑を持ち出す。長期戦になればなるほど、攻められる側は消耗し、ネガティブイメージが定着していく。

●<テクニック2>「発言の矛盾」を追及して、「嘘つき」のイメージをつける
上記によって問題が多くなると当事者の発言が色々出てくる。すると中には(些細なことでも)辻褄が合っていないことが出てくる。
すると「疑惑がますます深まった」となる。どうでも良いような枝葉の矛盾が全体の疑惑として宣伝される。

●<テクニック3>「納得のいく説明がされていない」と食い下がる
時間をかけてどんなに丁寧に説明しても、一番最後に「納得いかない」と、ちゃぶ台返しをしてしまう。
世の中的には「納得できる回答をしていない方が悪い」という印象になる。

加計学園問題はまさにこの殺人フルコースに則って拡大していきました。
この記事の筆者はもともとテレビ制作に携わっており、現在は報道対策アドバイザーとしても活躍されていることから、実に冷静にパターンを読み込んでいます。

私流に言えば、上記に加えて、
●<テクニック4>頃合いをはかって「世論調査」の実施
でしょうか。設問で「納得できましたか?」とするわけです。
そもそもこの世論調査も昼間に自宅にいる人が対象で、テレビ報道にどっぷりつかった高齢者が回答するわけですので、どういう結果になるかは火を見るより明らかですね・・・

上記のほかにも、こんなテクニックもあると思います。

「~と思われても仕方がない」

ワイドショーでよく使われる言い回しです。冷静に文字で読むと自分の主観を押しつけているにすぎないのですが、テレビで言葉として聞くと、すっと同意してしまう効果があります。


あと、某国営放送などが7時のニュースなどで使う手では、

枕詞とシメ言葉で刷り込ませる

例えば、某国営放送の一節ですが、

「尖閣諸島の国有化を受け、深刻な政治対立や経済の冷え込みが続く日本と中国・・・」

すっと言い切っていますが、『尖閣諸島の国有化』は、挑発を続ける中国に対して、脇を固める趣旨で行われたはずです。
深刻な政治対立の原因を作ったのは挑発を続ける中国側であるはずなのに、尖閣列島の国有化をした日本に非があるような言い方です。
いったいこの放送局はどこの国の放送局なのでろうと思ってしまいます。

同様にして、ニュースの本題からは結びつきにくい結論が、末尾にすっと挿入されることもあります。

メディアリテラシーが求められる時代であると思います。倒閣を目指す人たちの攻撃がすさまじいのも事実ですが、昔と違い、ネットを通じて、彼らをあぶりだすツールが豊富に用意されている時代でもあります。
あぁ、いまテクニック2が来てるな・・・などと思いつつニュースを視るのもまた一興ですね。
(taketsuru)
スポンサーサイト



【番外編】 久野潤チャンネル

本日は久野潤先生にご講演いただきました。
久野先生は毎週金曜日21時より番組配信されています。(ニコニコ、youtube、fresh)
よろしければ、下記もご覧ください。
http://ch.nicovideo.jp/kunojun
https://www.youtube.com/channel/UCnRTWjgwQI04RNSn-HVwAWQ
https://freshlive.tv/knj
学ぼう会北摂 主催者のご紹介

taketsuru

Author:taketsuru
学ぼう会北摂主催者の河村さんです。歴史講座を始めて既に10年目!とてもパワフルな方です。

本ブログの主旨
「学ぼう会北摂」は、日本の文化伝統に根ざす正しい歴史を、主として大阪北部にお住まいの皆様に伝えていくことを目的として、ほぼ月1回のペースで講演活動を行っています。本ブログは「学ぼう会北摂」の応援サイトで、今後の講演活動をできるだけタイムリーに紹介していきます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR