スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第102回(平成30年8月5日) 吉田松陰~楫取素彦と今の教育を考える-学校現場の現状~民間から見て

12世紀後半の鎌倉幕府成立から1867(慶応3)年、徳川慶喜による大政奉還まで680年の時を経て日本は大きな変換期を迎えます。長く続いた武家政治によって社会の仕組みは整えられ平和が続いた江戸市中には民間教育の場も多く作られ、寺子屋が2万程もあったと言われ、江戸末期の識字率は世界1位と言われています。
鎖国の状態とは言え、こうした実態から世界の情報も何とかキャッチして吉田松陰を初めとして幕末の志士たちが日本を守るために立ち上がり明治維新が成し遂げられました。

明治維新は大政奉還を無血開城で成し遂げ、王政復古の大号令によって天皇親政の宣言が発せられます。明治天皇の教育勅語を軸にして教育の実態が整えられ、長い歴史を背景にして近代国家が整えられます。日清、日露戦争を引き金に国際情勢の転換に組み込まれて行く日本は第1次世界大戦に巻き込まれ、昭和恐慌・満州事変、第2次世界大戦へと突き進みます。
 
そこで今回は、小田村直昌先生をお迎えして現在の教育実態と日本が育んだ国家観を比較検証して頂きます。先生は吉田松陰の(妹久さん)の玄孫に当られ民間から校長として活躍されています。戦後に日本が辿った70数年。その影響がある現在の教育現場が外に向かって発せられることはありませんでした。民間から入られた教育者だからこそわかる、未来に向かう子供たちとその教育の実態をお聞きいたしましょう。
講座は大好評です。お友達を誘ってどうぞお気軽にご参加ください。
歴史は民族の宝です。歴史の好きな人も嫌いな人もこの講座で日本が大好きになります。

■日時: 平成30年8月5日(日) 14:00~16:00
■場所: 茨木市福祉文化会館 303号室 (大阪府茨木市駅前4-7-50) ☎072‐623-3962
      阪急茨木市駅またはJR茨木駅より徒歩約8分
■講師: 小田村 直昌氏 (現・小学校校長・吉田松陰(妹久の玄孫)先生の末裔)
■費用: 資料代として500円カンパをお願いしています。
主催:学ぼう会 北摂
後援:茨木市教育委員会
<問い合わせ先>
吉田 090―8579ー0056 (riko7beikokutenn@ezweb.ne.jp)
河村 090―2109―1535 (homiko-k70@docomo.ne.jp)

スポンサーサイト

第101回(平成30年7月8日) 対日占領政策に追随した東大教授たち-宮沢俊義の「憲法」論と 横田喜三郎の「東京裁判」論

今上陛下のご譲位が決まり昭和に続き平成の御代も終わります。 日本の戦後は一応の決着をみていますが長く続いたGHQの占領と日本弱体化政策は戦後70数年の間に隅々までいきわたり、自虐的に生きた日本人は ある意味、本来の日本的主体性を忘れ、一方的な批判はむしろ国内からのものが大きいことが解ります。 大手メディア、教育関係者、公的機関に巣食う左翼思想は放置されたままの状態で何れかの影響を受けつつ国民は生きてきました。
GHQ

 そこで、占領政策がなされた戦後の時代をもう一度検証することで明らかにして行かなければならないと考えます。占領政策は周到で綿密に計画が建てられ、当時の知的階級がすべての計画の中に組み込まれ、戦勝国のリンチ的な復讐劇へと発展していきます。
 その先頭に立ち日本人の歴史認識を大きく歪めたエリート教授たちの行為を徹底的に検証することで戦後の日本が辿った70数年を考えてみたいと思います。
今回は 日本塾塾長として様々のご活躍をされている「岡本幸治先生」をお迎えして、War Guilt Information Programが施した非情な実態をお話し頂き日本人の誇りを取り戻しましょう。

講座は大好評です。お友達を誘ってどうぞお気軽にご参加ください。
歴史は民族の宝です。歴史の好きな人も嫌いな人もこの講座で日本が好きになります。
■日時: 平成30年7月8日(日) 14:00~16:00
■場所: 茨木市福祉文化会館 202号室 (大阪府茨木市駅前4-7-50) ☎072‐623-3962
      阪急茨木市駅またはJR茨木駅より徒歩約8分
■講師: 岡本幸治氏 (日本塾塾長/京都大学法学博士/日印友好協会理事長ほか)
■費用: 資料代として500円カンパをお願いしています。
主催:学ぼう会 北摂
後援:茨木市教育委員会
<問い合わせ先>
吉田 090―8579ー0056 (riko7beikokutenn@ezweb.ne.jp)
河村 090―2109―1535 (homiko-k70@docomo.ne.jp)

第100回(平成30年6月10日) 検証・昭和12年の「侵略戦争」 -通州事件・上海事変・正定事件・南京事件-

「よくわかる歴史講座」は100回目を迎えます。そこで今回は「新しい歴史教科書をつくる会」藤岡信勝先生にお願いしました。
fujioka
戦後にかけられた「WGIP」の効果は戦後70数年を過ぎても衰えることなく蔓延り、繁殖し続けて日本の文化や歴史に大きな影響を与えてきました。それにどっぷりと浸かってしまった国民や政治家などの所業は目を疑うほどの効果を上げてきています。
 繁栄と自立の陰に日本が持つ本来の清らかさや美しさが光りつつ、残っていることはやはり日本人としての誇りであると思います。
 
フランス革命から台頭してきたコミンテルンによる赤化主義による近世から今日に至るまで、欧米列強の世界支配の行為は数世紀にわたり、世界の国々の興亡が恐ろしいほどに繰り返されています。日本もその根源は主に昭和12年におこった事件が大元になっていると言えます。
「通州事件、上海事変、正定事件、南京事件」が勃発したことの意味と日本との関わりを十分に検証することで、今抱える日本の現状を考えてみることに致しましょう。
目からウロコの世界史を理解して頂き、日本人の誇りを取り戻しましょう。

講座は大好評です。お友達を誘ってどうぞお気軽にご参加ください。
歴史講座で内なる日本の心が芽生えて日本が大好きになりますよ~
■日時: 平成30年6月10日(日) 14:00~ (13:30開場)
■場所: 茨木市クリエイトセンター 多目的ホール (大阪府茨木市駅前4-6-16) ☎072‐623-3962
      阪急茨木市駅またはJR茨木駅より徒歩約8分
■講師: 藤岡 信勝氏 (新しい歴史教科書をつくる会/副会長・著書多数)
■費用: 資料代として500円カンパをお願いしています。
主催:学ぼう会 北摂
後援:茨木市教育委員会
<問い合わせ先>
吉田 090―8579ー0056 (riko7beikokutenn@ezweb.ne.jp)
河村 090―2109―1535 (homiko-k70@docomo.ne.jp)

第99回(平成30年5月12日) 大東亜戦争史 その4

お馴染み「高校教師・ブログNO.1」の黒田裕樹氏による「大東亜戦争」8回シリーズの第4回目です。我が国が大東亜戦争の開戦に追い込まれるまでのお話の続きになります。

昭和12(1937)年12月に当時の日本軍が国民政府の首都である南京を攻略した際に、民間人を含む数十万人もの人々が虐殺されたという、いわゆる「南京大虐殺」について、近年の詳細な調査によって、その存在が「有り得ない」と判断できるにもかかわらず、我が国の歴史教科書の多くが大虐殺を肯定する内容を今もなお記載し続けていることは、不可解であると言わざるを得ません。

また、我が国は決して対米開戦に積極的だったのではなく、アメリカ、そしてソ連のコミンテルンによる「巧妙かつ周到な」流れに乗ってしまうかたちで開戦を決意せざるを得ず、昭和天皇の開戦回避のご意志を実現できなかった当時の首相が、皇居に向かって号泣しながらお詫びしたという事実を皆さんはご存知でしょうか。

「大きな歴史の流れ」を分かりやすく解説してくれる黒田節で迫る「大東亜戦争の真実」。皆様も、お友達を誘ってどうぞお気軽にご参加ください。

■日時: 平成30年5月12日(土) 14:00~16:00
■場所: 茨木市福祉文化会館 202号室 (大阪府茨木市駅前4-7-50) ☎072‐623-3962
      阪急茨木市駅またはJR茨木駅より徒歩約8分
■講師: 黒田 裕樹氏 (ブログ/黒田裕樹の歴史講座・管理人)
■費用: 資料代として500円カンパをお願いしています。
主催:学ぼう会 北摂
後援:茨木市教育委員会
<問い合わせ先>
吉田 090―8579ー0056 (riko7beikokutenn@ezweb.ne.jp)
河村 090―2109―1535 (homiko-k70@docomo.ne.jp)

第98回(平成30年4月8日) 宰相 吉田 茂

昭和20年(1945年)8月、アメリカ軍は原子爆弾を投下して、日本は昭和天皇のご聖断を仰いで戦争の終結を決議しました。ボツダム宣言を受諾して「終戦の詔書」が発表され、全日本軍は一斉に戦いを止めて、連合国に降伏しました。

新選挙法によって、満20歳以上の男女は選挙権を持つことになります。翌年、戦後初の衆議院選挙で「第1次吉田茂内閣」が発足します。

2,000年以上の日本の歴史の中で、外国軍隊の完全なる占領下のもと、未曽有の戦後の混乱期の中で「極東軍事裁判」等が行われ 日本人に対する復讐劇が行われる、という時代の中で、日本の国益を少しでも確保しようと悪戦苦闘したのが吉田茂を代表する指導者たちです。今回は余り語られることのない「吉田茂」を取り上げ、日本人としての誇りを保ち、行政の最高責任者として国土の復興を進め、多大な成果を上げたとされる「宰相・吉田茂」の実像をお話し頂きます。

今回、初めてお越しいただく「山本賢一氏」は吉田茂の研究を進められ、著書も出しておられます。又「日台交流芦屋の会」でもご活躍されています。占領軍に支配された重苦しい戦後の時代を日本の誇りと歴史を背にして戦われた先人の事績を学んでみましょう。

歴史が好きな人も、苦手な人も、日本を知ることで日本が好きになります。
■日時: 平成30年4月8日(日) 14:00~16:00
■場所: 茨木市福祉文化会館 202号室 (大阪府茨木市駅前4-7-50) ☎072‐623-3962
      阪急茨木市駅またはJR茨木駅より徒歩約8分
■講師: 山本賢一氏 (日台交流芦屋の会)
■費用: 資料代として500円カンパをお願いしています。
主催:学ぼう会 北摂
後援:茨木市教育委員会
<問い合わせ先>
吉田 090―8579ー0056 (riko7beikokutenn@ezweb.ne.jp)
河村 090―2109―1535 (homiko-k70@docomo.ne.jp)
学ぼう会北摂 主催者のご紹介

taketsuru

Author:taketsuru
学ぼう会北摂主催者の河村さんです。歴史講座を始めて既に7年目!とてもパワフルな方です。

本ブログの主旨
「学ぼう会北摂」は、日本の文化伝統に根ざす正しい歴史を、主として大阪北部にお住まいの皆様に伝えていくことを目的として、ほぼ月1回のペースで講演活動を行っています。本ブログは「学ぼう会北摂」の応援サイトで、今後の講演活動をできるだけタイムリーに紹介していきます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。